クッキーダイエット 情報 | クッキーダイエット 情報館

おからダイエットクッキーの栄養成分

おからダイエットクッキーが流行していることは、ご承知でしょう。では、どうして、おからダイエットクッキーがダイエットにいいのでしょうか。

答えはその高い栄養成分にあると言えるでしょう。大豆からできているおからのクッキーには、ビタミンB群、ビタミンE、食物繊維、カルシウム、そしてたんぱく質などの栄養成分が豊富に含まれているのです。

おからダイエットクッキーには、コレステロールを低下させる働きのあるリノール酸、サポニン、コリンや、脳の老化を防ぐレシチン、物質抗酸化作用のあるポリフェノールなども含まれています。生活習慣病予防にも役立つ栄養成分がたくさん含まれているのでダイエットのためだけのものではない、優れた健康食品だといえます。

100gで約84キロカロリーのおからが使用されているのが、一般的なおからダイエットクッキーです。水分81.3g、たんぱく質4.7g、脂質2.5g、炭水化物10.8g、灰分0.6g、ナトリウム5mg、食物繊維7.7gなどが主にクッキーに含まれる栄養成分です。

食物繊維の必要な摂取量は1日に成人で20〜25gと言われています。しかし1日平均6gしか摂取されていないという報告が、ある都市部での調査でされています。食物繊維は排便物をふやし便通を整えたり、体内の有害物質を抑えたりと、人間の体にとって必要不可欠な栄養成分なのです。31以上の病気が食物繊維の不足によるものだと言われており、生活習慣病などもそのひとつです。おからダイエットクッキーを利用して、意識して食物繊維を摂取するように心掛けてはいかがでしょうか。


-|-|-|-

おからクッキー ダイエット法

最近話題になっているダイエット方法に、おからクッキーダイエットがあります。皆さんはお聞きになったことがありますか?

え?もう実践されている。それは素早い。

これは代替食によるダイエット法のひとつですね。キャベツダイエットなどと、考え方は一緒です。食事の一部分をカロリーの低い食品で代替させることで摂取カロリーを減らしていきます。

クッキーといえばバターと糖分がたっぷりでカロリーが高いというイメージがあります。しかし近ごろは低カロリーでおいしいダイエットにぴったりのクッキーが、出回るようになりました。

おからクッキーは、ダイエット用のクッキーのなかでもっとも代表的なものだといえます。食物繊維が豊富に含まれるおからですが、これは大豆から豆乳を絞ったあとに残ったものです。

おからクッキーダイエットの基本的な方法は1日3食の食事のうちいずれかをおからクッキーに置きかえるというものです。

摂取しすぎてしまったカロリーは消費されなければ脂肪となって体内に蓄積されてしまいます。消費するカロリーより摂取するカロリーのほうが多い場合そうなってしまうのです。摂取したカロリーがオーバーしてしまった場合には、運動などで消費することが大切です。しかし運動がどうしてもできないという人は、摂取カロリーのほうを抑える努力が必要です。

食事そのものをクッキーに置き換えるのが、クッキーダイエットです。これでカロリーコントロールをするのです。どのようなクッキーを使っても、クッキーダイエットができるというわけではありません。食事のかわりとなるような、栄養価の高いクッキーを選ばなくてはなりません。そういう意味からもおからクッキーは大豆の健康パワーが豊富なのでおすすめのクッキーです。


-|-|-|-

大豆クッキーのダイエット効果

人気の高いダイエット方法に大豆クッキーダイエットがあります。健康サプリメントを使うダイエットの中でも特に効果が期待できます。

その方法は、食事の代わりに大豆クッキーを食べるだけというとても手軽な方法です。ダイエット効果の高い大豆クッキーですが、それだけでなく自然界の食べ物で体にいいことや、健康にもいいことが知られています。

毎日の食事の高カロリーの食べ物の代わりに、低カロリーの大豆クッキーを食べることで手軽に摂取するカロリーを減らせてダイエットが可能になります。このダイエット方法のメリットは、食事と置きかえても問題ないほどの満腹感を得ることができる点です。おからの豊富な食物繊維が含まれているため、満腹感を生み出します。食物繊維はお腹の中で水を吸って膨らむ性質があるので、食べた量の2倍の大きさになり、重さは3倍にもなります。少量でもしっかり満腹感を得ることができるのです。

空腹感はダイエットで食事を減らすと必ずといっていいほどつきまとうもので、ダイエットの挫折の原因にもなります。リバウンドは急激なダイエットの反動で前以上に体重が増えることですが、空腹感のストレスから過食傾向になることも理由です。なるべく空腹感を感じずにダイエットを続けるには、大豆クッキーが最適なのです。大豆クッキーを使ったダイエットではダイエット中でも空腹によるストレスを軽減でき、気軽にダイエットを続けることができます。

-|-|-|-

大豆クッキーはおからと豆乳から作られる

大豆から摂れるおからと豆乳をベースにして作ったクッキーを大豆クッキーといいます。

豆乳おからクッキーは、ネットショップや健康通販で今売れている人気のクッキーです。大豆クッキーには、クエン酸第一鉄ナトリウム、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、などのビタミン類が含まれています。この他にも、たんぱく質、葉酸など、豊富な栄養素が含まれているのが特徴です。そして食物繊維がたくさん含まれていることも大豆クッキーの良いところです。

大豆クッキーを水分と一緒に食べると、食物繊維が水分を吸収して胃の中で2倍に膨らみます。低カロリーで栄養豊富、そし満腹感を得ることもできるのです。

大豆から抽出された水分が、大豆クッキーの原料である豆乳になります。大豆を水に浸して水と一緒に大豆をひいて粉にします。これにより豆乳が作られるのです。大豆からできた豆乳に、にがりなどの凝固剤を加えて固めたものが豆腐です。おからは大豆から豆乳を絞った残りかすです。乾燥した湿り気の無いおからには24%のタンパク質、8〜15%の脂質と12〜14.5%の食物繊維が含まれています。

-|-|-|-

豆乳おからクッキーのダイエットとしての評価

ダイエット用豆乳おからクッキーは、ダイエットに役立つ食品としてずいぶん売れています。けれども実際の消費者データなどでその評価を調べてみると、ダイエットクッキーとしてずいぶん売れているという情報の割には、なかなか厳しい声もあります。

豆乳おからクッキーは栄養もあり、おいしくて手軽にダイエットに利用できます。けれども、やはりその人のやり方によっては、ダイエットにならない場合もあるようです。

何も考えずにただこの豆乳おからクッキーを食べていれば、確かにやせられるというわけではないのです。ミールサプリメントによるダイエットとして、このダイエット用豆乳おからクッキーを食べ続けることは多いでしょう。

確かに1食の摂取カロリーがかなり抑えられ、それまで明らかに食べ過ぎていた人にはダイエット効果を発揮します。ただ朝食として利用するぐらいならば問題はないでしょうが、夕食となると、どうしても物足りなさとの戦いとなりがちです。夕食後にどうしても物足りなさを感じて、何かを食べてしまうこともあるようです。お菓子を食べる代わりにダイエット用豆乳おからクッキーを食べていたら、逆に体重が増えてしまったという声もあります。

ダイエット用豆乳おからクッキーは、食事との置き換えにしなければ、当然ダイエットにも効果が現れないのです。その人気に載せられて、豆乳おからクッキーを食べてさえいれば確実にやせられるなどと勘違いしてしまうと、全く逆効果の結果につながることもあることを覚えておかなければなりません。

-|-|-|-
Copyright © クッキーダイエット 情報 | クッキーダイエット 情報館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます