クッキーダイエット 情報館

おからクッキー ダイエット法

最近話題になっているダイエット方法に、おからクッキーダイエットがあります。皆さんはお聞きになったことがありますか?

え?もう実践されている。それは素早い。

これは代替食によるダイエット法のひとつですね。キャベツダイエットなどと、考え方は一緒です。食事の一部分をカロリーの低い食品で代替させることで摂取カロリーを減らしていきます。

クッキーといえばバターと糖分がたっぷりでカロリーが高いというイメージがあります。しかし近ごろは低カロリーでおいしいダイエットにぴったりのクッキーが、出回るようになりました。

おからクッキーは、ダイエット用のクッキーのなかでもっとも代表的なものだといえます。食物繊維が豊富に含まれるおからですが、これは大豆から豆乳を絞ったあとに残ったものです。

おからクッキーダイエットの基本的な方法は1日3食の食事のうちいずれかをおからクッキーに置きかえるというものです。

摂取しすぎてしまったカロリーは消費されなければ脂肪となって体内に蓄積されてしまいます。消費するカロリーより摂取するカロリーのほうが多い場合そうなってしまうのです。摂取したカロリーがオーバーしてしまった場合には、運動などで消費することが大切です。しかし運動がどうしてもできないという人は、摂取カロリーのほうを抑える努力が必要です。

食事そのものをクッキーに置き換えるのが、クッキーダイエットです。これでカロリーコントロールをするのです。どのようなクッキーを使っても、クッキーダイエットができるというわけではありません。食事のかわりとなるような、栄養価の高いクッキーを選ばなくてはなりません。そういう意味からもおからクッキーは大豆の健康パワーが豊富なのでおすすめのクッキーです。


-|-|-|-

大豆クッキーのダイエット効果

人気の高いダイエット方法に大豆クッキーダイエットがあります。健康サプリメントを使うダイエットの中でも特に効果が期待できます。

その方法は、食事の代わりに大豆クッキーを食べるだけというとても手軽な方法です。ダイエット効果の高い大豆クッキーですが、それだけでなく自然界の食べ物で体にいいことや、健康にもいいことが知られています。

毎日の食事の高カロリーの食べ物の代わりに、低カロリーの大豆クッキーを食べることで手軽に摂取するカロリーを減らせてダイエットが可能になります。このダイエット方法のメリットは、食事と置きかえても問題ないほどの満腹感を得ることができる点です。おからの豊富な食物繊維が含まれているため、満腹感を生み出します。食物繊維はお腹の中で水を吸って膨らむ性質があるので、食べた量の2倍の大きさになり、重さは3倍にもなります。少量でもしっかり満腹感を得ることができるのです。

空腹感はダイエットで食事を減らすと必ずといっていいほどつきまとうもので、ダイエットの挫折の原因にもなります。リバウンドは急激なダイエットの反動で前以上に体重が増えることですが、空腹感のストレスから過食傾向になることも理由です。なるべく空腹感を感じずにダイエットを続けるには、大豆クッキーが最適なのです。大豆クッキーを使ったダイエットではダイエット中でも空腹によるストレスを軽減でき、気軽にダイエットを続けることができます。

-|-|-|-

大豆クッキーはおからと豆乳から作られる

大豆から摂れるおからと豆乳をベースにして作ったクッキーを大豆クッキーといいます。

豆乳おからクッキーは、ネットショップや健康通販で今売れている人気のクッキーです。大豆クッキーには、クエン酸第一鉄ナトリウム、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、などのビタミン類が含まれています。この他にも、たんぱく質、葉酸など、豊富な栄養素が含まれているのが特徴です。そして食物繊維がたくさん含まれていることも大豆クッキーの良いところです。

大豆クッキーを水分と一緒に食べると、食物繊維が水分を吸収して胃の中で2倍に膨らみます。低カロリーで栄養豊富、そし満腹感を得ることもできるのです。

大豆から抽出された水分が、大豆クッキーの原料である豆乳になります。大豆を水に浸して水と一緒に大豆をひいて粉にします。これにより豆乳が作られるのです。大豆からできた豆乳に、にがりなどの凝固剤を加えて固めたものが豆腐です。おからは大豆から豆乳を絞った残りかすです。乾燥した湿り気の無いおからには24%のタンパク質、8〜15%の脂質と12〜14.5%の食物繊維が含まれています。

-|-|-|-
Copyright © クッキーダイエット 情報館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます